邦画

シン・ゴジラの無料動画視聴とあらすじはこちら!

U-NEXT

子ども向け路線から一転し、政治色を前面に刻一刻と進行する危機的な大規模災害事象に対して日本国政府を中心にさまざまな国家機関に携わる者たちが限られた条件下で切歯扼腕(せっしやくわん)しつつ各々の任を全うし、政治的配慮・思惑が錯綜する最中にて問題解決の糸口を模索しながら収斂するという、群像劇が描かれる。

登場人物の背景や感情が絡む人間模様、ゴジラに対抗し得る超常の存在や科学兵器といった部分は大幅省略されたことに加え、暴力や死の直接描写が排されているため、全年齢で観劇可能な作品となっている。

また、従来の日本国内で制作されたシリーズ作品は世界観をリセットしても1954年の第1作でゴジラが日本に上陸した設定は踏襲され、作品内で日本国民にゴジラの存在が認知されていたが、本作は第1作を含む過去のどの作品とも繋がっていない独立した世界観となっており、日本国政府が初めての怪獣出現に直面するという、現実社会に近い設定になっている。


U-NEXTは日本最大級のビデオオンデマンドで、映画、ドラマ、アニメといった様々な新作から名作まで充実しているサービスです!

しかも、その登録作品数はなんと驚きの8万本以上!

映画に関しても、まだレンタルビデオ店でレンタルがスタートする前から見ることができますので、映画に観に行くことができなくて見逃した!というあなたにはピッタリのサービスです。

また、連続ドラマに関してもかなり早いタイミングで最新話がアップされていますので、仕事や予定があって見逃してしまったドラマを見ることができるのも良いですね!

それだけではなく、登録して31日間は無料で視聴することができますので安心ですね♪

→”U-NEXT公式サイト

【シン・ゴジラ】あらすじ

11月3日8時30分ごろ、東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出、同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生。政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。矢口蘭堂(やぐち らんどう)内閣官房副長官は、ネット上の一般人の動画や目撃報告から、いち早く巨大生物に因している可能性を示すが、一笑に付される。しかし、間もなく巨大生物の尻尾部分がテレビ報道されたため、政府は認識を改める。巨大生物は多摩川河口から大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、北進をはじめたが、住民の逃げ遅れに合わせるかの如く、突如歩行を止め、東京湾へ消えていく。しかし、巨大生物が上陸から2時間強で死者・行方不明者100名以上の被害を出した。

巨大生物の再度襲来に備え、矢口を事務局長とし様々な部署の突出した能力を有するが一癖も二癖もある問題児達を集めた「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置される。そして被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、付近の原発からの放射能漏れが無く巨大生物の行動経路と一致したことから、巨大生物が放射線源だと判明する。米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、巨大不明生物は太古から生き残っていた深海海洋生物が不法に海洋投棄された大量の放射性廃棄物に適応進化した、「ゴジラ(Godzilla)」と名付けられた生物であること、その生物を研究していた牧悟郎という学者が行方不明であること、牧が残した謎の暗号化資料等が日本側に提供される。

ゴジラは体内の原子炉状の器官から活動エネルギーを得ており、そこから生じる熱は血液循環によって発散しているため、血液循環を阻害すればゴジラは生命維持のため自らスクラム停止・急激な冷却を行い、活動停止するはずであると結論づけ、血液凝固剤の経口投与によってゴジラを凍結させる仮称「矢口プラン」の準備を始める。

4日後の11月7日、前回の倍近い大きさとなったゴジラが鎌倉市に再上陸し、横浜市・川崎市を縦断して武蔵小杉に至る。前回とは姿も顔付きも大きく変化したゴジラの姿を見て、一同は驚きを隠せない中、自衛隊は武蔵小杉から多摩川河川敷を防衛線とした、ゴジラの都内進入阻止のための総力作戦「タバ作戦」を実行するが、傷一つ付けることができず、突破されてしまう。さらに進行するゴジラは光線や火炎放射により一帯を火の海と変え、東京駅構内で活動を停止する。

国連軍の熱核攻撃開始が迫る中、矢口プランは、「ヤシオリ作戦」という作戦名で、日米共同作戦として開始される。遠隔操作の新幹線N700系2編成に爆薬を搭載しそれをエネルギー回復中のゴジラに直撃させることで強制的に目覚めさせ、次に回復しきっていない残存エネルギーの消耗のみを狙った米軍の無人航空機群による攻撃が、ゴジラが光線を出せなくなるまで続けられる。ゴジラはエネルギー消耗を軽減させるため、背鰭からの光線発射から尻尾の先端部からの発射と口腔からの発射に変更しながら、尚も撃墜を続けたが、エネルギー切れでレーザー状熱線が途切れたところで周囲に残っていた高層ビルを連続爆破・倒壊させてゴジラを強制的に転倒させ、建設機械部隊とコンクリートポンプ車隊が近づき、ポンプ車のアームより累計数百キロリットルの血液凝固剤をゴジラの口内に強制的に流し込む。だがその途中でゴジラが光線を吐き出し第一陣は全滅するも、血液凝固剤の効果で次第に動きが鈍くなり、表面には徐々に凍結が見受けられるようになる。再度、爆薬搭載した多数の遠隔操作在来線列車の攻撃を受けて再び転倒、第二陣の血液凝固剤の投与を行う。最後の抵抗とばかりに立ち上がった状態で、ようやくゴジラの完全凍結に成功する。

その後、都心を汚染したゴジラの新元素の放射性物質は半減期が20日と非常に短く、おおよそ2 – 3年で人体への影響がなくなると判明したことから復興の希望も見えたが、ゴジラが活動を再開した場合には熱核攻撃のカウントダウンは即座に再開され、3526秒(58分46秒)後に実施、発射されるという。矢口はゴジラとは最早、長く付き合って行くしかないと覚悟を決め、凍結したゴジラを見据えながら、今後の責務や役割を果す決意を固める。

そして、東京駅脇に凍りついたまま立ちつくすゴジラの尻尾の先端には、背びれと尻尾を持つ謎の人型が数体、生じかけたまま静止していた。

【シン・ゴジラ】声優キャスト紹介!

矢口 蘭堂 役/長谷川博己

赤坂 秀樹 役/竹野内豊

カヨコ・アン・パタースン役/石原さとみ

大河内 清次 役/大杉漣

東 竜太 役/柄本明

郡山 肇 役/渡辺哲

里見 祐介 役/平泉成

【シン・ゴジラ】の主題歌は?

シン・ゴジラ音楽集

発売2週目で8427枚(累積1.0万枚)を売り上げ、8月15日付オリコン週間アルバムランキングで前週34位→5位に急上昇した。『ゴジラ』関連作のアルバムTOP5入りは『GODZILLA THE ALBUM』は1998年5月25日付で5位を獲得して以来、18年3か月ぶり。8月29日付オリコン週間アルバムランキングでは3位にランクインした。

いろんな映画で主題歌・オープニング・エンディングがありますが、あなたはどの曲が好きですか?

映画やドラマのオープニング・エンディング・挿入歌は作品に合わせて作られていることが多いので、見ていて流れてくる音楽に癒されますね。

ゴジラ作品シリーズの紹介!

ゴジラシリーズはすごくたくさん出ていますが、いくつかご紹介したいと思います。

ゴジラ・モスラ対ゴジラ・ゴジラ大怪獣総攻撃・ゴジラの逆襲・怪獣王ゴジラ・キングコング対ゴジラ

三大怪獣 地球最大の決戦・怪獣大戦争・ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘・怪獣総進撃

怪獣島の決戦 ゴジラの息子・ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃・ゴジラ対ヘドラ

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン・ゴジラ対メガロ・ゴジラ対メカゴジラ・メカゴジラの逆襲

ゴジラVSビオランテ・ゴジラVSキングギドラ・ゴジラVSスペースゴジラ・ゴジラVSデストロイア

ゴジラ2000ミレニアム・ゴジラ×メガギラス G消滅作戦・ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

ゴジラ FINAL WARS・GODZILLA ゴジラ

いくつ知っていますか?個人的ですがキングギドラとメガギラスが好きだった思い出があります。

ゴジラシリーズはU-NEXTで見れる!

ゴジラの作品で上記に上げた映画はU-NEXTで配信されています。

最新作の『シン・ゴジラ』は日本アカデミー賞最優秀賞も受賞している作品でDVDも発売されています。U-NEXTで見るも良し、DVDを借りる・買うも良し!お好きな方法でご視聴ください!

もちろん他の映画やドラマ・アニメなどもありますので、気になる作品も合わせてチェックできます!!

【U-NEXT】:月額1990円(税抜)50,000本以上見放題、毎月1,000円分のポイント!今なら31日間無料で見放題・600円分のポイント贈呈をしていますので、新作映画もポイントでご覧になれます!

→”U-NEXT公式サイト

U-NEXT

関連記事

  1. 22年目の告白 私が殺人犯です-映画あらすじ・キャスト・主題歌はこちら…

  2. 光「河瀨直美監督」‐カンヌ映画祭で絶賛の嵐!あらすじやキャスト紹介!

  3. 恋と噓‐映画あらすじ・キャスト・公開日・映画館情報!アニメ無料動画視聴…

  4. 物置のピアノ‐無料動画視聴・映画あらすじ・キャスト・評価はこちら!

  5. デスノート the Last nameの無料動画視聴とあらすじはこちら…

  6. 藁の楯-見逃し映画を無料動画でフル視聴・あらすじはこちら!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP